低月収の介護職が投資で資産を築く

手取り15万介護職が投資や福祉について語り学んでいく

派遣で働くのも悪くない

最近は派遣社員で仕事するのも良いんじゃないかと思っています。

世間的に見れば派遣社員はすぐクビを切られて不安定で低収入というイメージでしょう。だから日本は正社員に異常な拘りがあるのも事実だと思います

 

しかし最近ね派遣で介護の仕事をする方がいいんじゃないかと感じているんですよね。

介護職であれば派遣であろうが正社員であろうが、どっちも求人満載ですから自分の好きな施設や働き方が選択しやすいです。

 

勿論、最低限の国家資格である「介護福祉士」と介護の実務経験あっての話しです。未経験の資格なしだと就職先はかなり絞られるでしょうね。

 

次に気になるのが給料面です。現状は夜勤を月4回行って住宅手当などを含めて総支給額で23万に届かないぐらいです。

派遣の時給が1200円~1700円程度の場合が多いですから、1400円の時給であれば夜勤しなくても同等の給料は貰えます。年収ベースで考えるとボーナス分少なくなるけど夜勤が無いのは最高にうれしいですね。稼ぎたいのであれば単純に労働時間を増やせばいいだけですしね。

 

給料面は昇給やボーナスが無い分だけ少し下がる感じかな?昇給なんてよくわからない社内評価と試験と研修をクリアして運が良ければ等級が上がる感じです。

そりゃ等級が上がれば2万円近い昇給になるんで大幅に上昇しますが、競争相手が多いし会社上層部の偏見や上司との関係、積極的な研修への参加など日頃から面倒なことをしないと合格なんてしないですよ(こういった事は関係なく皆平等ですとは会社的に言ってますけどね。嘘に決まってます)

 

ちなみに今の会社に勤務して1年になりますが、毎月ある社内研修には1回しか参加した事がないし、毎月の会議も1回のみです!!わ~素晴らしい!!

あんなしょうもない研修や会議に残業までして参加する意味ねぇよ

 

 

さて話しを戻して派遣の話しですが、計算上では時給1600円以上であれば現状の年収より多くなるみたいです。そして何より派遣のメリットが面倒臭い委員会やイベント行事の準備が無いことです。

 

どこの介護施設でも同じですけど、担当の委員会仕事や行事ごとの準備で残業や休日出勤する人達が多いです。それ全てに給料が払われているかと言えばそんなこともないです。たとえ給料貰ったとしても嫌です。

派遣であればこういった面倒ごととは一切関係なくなります。淡々と業務をこなして終了となります。

 

この施設ダメだなと思ったら派遣なら契約延長せずに終わらせることもできます。良い施設があればそこで正社員を目指して頑張ることもできます。派遣から正社員って結構ある事例みたいです。

 

長々と派遣について書いてみましたが、根無し草のように1・2年で仕事に飽きる私には派遣があっているのかもしれないです。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。