低月収の介護職が投資で資産を築く

手取り15万介護職が投資や福祉について語り学んでいく

保有株のジョンソン&ジョンソンが不祥事?問題ないだろ

先日金曜日のニューヨーク株式市場で、ジョンソン&ジョンソンが前日比マイナス10%の急落を記録しました。

 急落した理由はベビーパウダー製品などに発がん性のあるアスベスト(石綿)が混入したことを認識しながら、隠蔽(いんぺい)していた疑いがあると報道された為です。

 

 【ニューヨーク時事】ロイター通信は14日、米医薬品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が、ベビーパウダー製品などに発がん性のあるアスベスト(石綿)が混入したことを認識しながら、隠蔽(いんぺい)していた疑いがあると報じた。

 J&Jの内部資料などを基にした報道だが、会社側は「製品は安全で石綿は混入していない」と否定している。

 ロイターによれば、1万人超がJ&J製品の成分が原因で卵巣がんを発症したなどとして、同社を提訴している。内部資料などでは、1970年代から2000年代初めまでに実施されたJ&J製品とその原料の鉱石「タルク」(滑石)への試験で、少量の石綿が複数回検出された。試験結果を公表しなかったが、同社の幹部らはどう対応するかで苦慮したという。

 

 J&Jはロイター報道を「一方的で、間違ったものだ」と指摘。社内に加え規制当局、外部の主要な研究機関などが実施した膨大な試験で「わが社のタルクは石綿を含んでいないとの結果が繰り返し示された」と反論した。 

ヤフーニュースより

 

そもそもこの手の話しは昔からあったことですし、今更感がありすぎてどうでもいいです。しかもベビーパウダーなどの個人消費者相手の商売は売上比率でいうと一番低いので、業績に甚大な影響が出るとは思えないですね。

 

ジョンソン&ジョンソンは競争力が高く、営業キャッシュフローマージンが素晴らしいです。

営業キャッシュフローマージン

2013年 24%

2014年 24%

2015年 27%

2016年 26%

2017年 27%

 

現状では相当稼ぐ力がありますが、この報道の影響で消費者の信用を無くした場合に、どの程度営業キャッシュフローマージンが低下するかにより売却するかの判断を行うと思います。

 

私は優良企業と言われている会社でも必ず不正はあると考えているので、この程度の不祥事でオロオロする気もないです。

聖人君主の企業などこの世に存在しませんよ。会社といっても所詮は人間の集まりですから光と闇があるのですよ。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。