低月収の介護職が投資で資産を築く

手取り15万介護職が投資や福祉について語り学んでいく

【確定申告】総合課税はかなりお得になります

前回は給与所得の税率まで計算して私の給料だと所得税率は5%となります。今回は配当所得を総合課税に入れるとどうなるか計算します。

まず申告分離課税で配当所得の確定申告を行うと所得税15%で住民税5%の税率が配当金から差し引かれて終了となります。

 

結論から先に書くと配当金を総合課税にした場合

所得税率は15%⇒5%

住民税率は5%⇒5%

と合計で所得税が10%安くなると思います(税金の仕組みが複雑すぎて挫折しました)

 

私の今年の配当所得は年間で25万ぐらいです。前回の記事で計算した給与所得の109万と合わせて134万となります。所得が195万以下ですので所得税率は5%となります。これが申告分離課税だと配当金に所得税が15%引かれるので総合課税の方が10%低いと結論になります。

 

ちなみに国内株式の配当金は配当控除の10%が利用でき所得税率0%にできますが、外国株の配当金は配当控除が利用できません。その結果で所得税率は所得が低くても5%はかかります。

 

住民税は総合課税にしてしまうと通常は10%の課税率になります。しかし法改正されて所得税と住民税で課税方式を別々にできるようになりました。なので申告不要にすれば5%のままで税率はできるようです。以下文面はみずほ証券より

上場株式等の配当所得に係る総合課税の税率は一律10%で特別徴収された住民税率(配当割)5%を上回っていることから、原則として申告不要(税率5%)が有利となります。

www.mizuho-sc.com

 

最後に外国株の配当金は対応する外国で課税されて日本で20%課税の2重課税となっています。申告分離課税と総合課税のどちらで確定申告しても外国税額控除制度で払い過ぎた税金を取り戻すことが可能です。所得税から引ききれない金額は住民税から引かれます。

取り戻せる税金の計算式は以下です。

所得税の控除限度額=その年分の所得税の額×(その年分の調整国外所得金額/その年分の所得総額)

 

去年も外国税額控除制度は利用して払い過ぎた税金の半分ぐらいは還付されています。もし分からなければEタックスのデータ入力画面の通りに進めていけばコンピューターが勝手に計算してくれて還付金額を教えてくれます。

 

今回はあくまで私の所得での話しです。所得が多くなれば税率も高くなるので総合課税は不利になるかもしれません。しっかりご自分で確認する必要があります。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。