低月収の介護職が投資で資産を築く

手取り15万介護職が投資や福祉について語り学んでいく

介護職は家政婦じゃないけどね

私の職場は特別養護老人ホームですのでトイレや部屋で呼び出しコールがあれば対応するのにお金が別途必要になる事はありません。

 現在入所されているご利用者さんでコールを頻繁に押される方がいます。その方は認知機能はしっかりされており身体機能面で入所されたのですが、身体面でも比較的自立度が高いです。

 

例えばトイレに移乗するのも基本的にご自身で自立可能なのですがコールを押されることが多いですね。以前入所されていた有料老人ホームではコールを押して対応してもらうとその分が料金加算されてどんどんお金が必要になる料金体系だったようです。

 

私は有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅の料金体系のことは良くわかりませんが、営利企業ですから付加サービスが必要なら人件費が発生しますしそういったものなんだと思います。

特別養護老人ホームに入所した経緯は知りませんが恐らく料金的な面が多いのかと感じます。

 

【介護職を家政婦と勘違いしていないか】

こういった身体面で自立度が高い方がコールを押すのは良くないことです。自分で可能なことを介護職が手伝ってしまえば介護依存してしまい身体機能の低下や本人の意欲減退に繋がってしまいます。

 

介護依存を甘やかしてしまえば最終的に大変になるのが介護職やご家族など介護者側になります。自分でできることは極力自分でしてもらう必要があるわけですね。

介護職は身の回りの世話をする家政婦ではないので、なるべく最低限の援助で生活してもらい介護職がいらない状態が維持できるのが理想です。

 

【ただし現実は甘くない】

最低限の介護で生活してもらうように現場の介護職はその利用者さんに車イスも自走を勧めていますし、トイレ移乗もほとんど手伝わないようにしていました。

 

そういった対応が気に入らなかったようで退所する話しも出たようです。そこで本人、ケアマネージャー、施設責任者で相談した結果が「出来ないことは手伝うが出来るようにリハビリしていく」となりました。

そもそもリハビリしなくても出来る状態なのですが・・・

 

簡単に退所されたら施設側も損しかないですから仕方ないです。私個人が対応する時は移乗する際も手を添えているだけで手伝うフリをしてます。それで安定した立位を取れるので問題ないです。

 

確かに介護職が手伝えば利用者さんで行うより早くてスムーズにできるので、人員不足で忙しい施設だと手伝ってしまいがちです。手伝いを続けていく内に習慣化してもっと介護依存となり人手が必要になってしまいます。

どこかで線引きする必要がありますが、その日の体調によりますし境界線が難しいところですね。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。