低月収の介護職が投資で資産を築く

手取り15万介護職が投資や福祉について語り学んでいく

NTTドコモの値下げでKDDIは楽天と提携

投資界隈では話題として取り上げられているブログも多数ありますがNTTドコモの通信料金値下げが発表されました。

 NTTドコモの吉沢和弘社長が、携帯電話の通信料金を2019年4~6月期から2~4割程度値下げすると発表した。
 携帯大手に対し、菅義偉官房長官は「4割程度」の値下げを求める発言を繰り返してきた。
 吉沢氏は「ドコモが自主的に判断した」としているが、政府の求めに最大手が応じた形となった。
 KDDI(au)とソフトバンクも追随するとみられる。

この値下げの影響で利益減少となりますが、現在の営業利益規模に戻すためには2024年を目安にしているとのことです。ドコモのような成熟企業に投資する人は配当金が目当てだと思うので源泉となる利益が減少するのは投資家にとっては嫌気されます。

 

新規事業に投資して損失計上により利益減少ならまだ許せますが、顧客還元の値下げですからね。売上が伸びるわけでもないです。

私の予想ではドコモが値下げしたからといってauやソフトバンクから乗り換える人がいるとは思わないので業界のシェアは変わらないでしょう。手続きが面倒ですし安さ重視の人なら格安SIMに既に変えていると思います。

 

通信プランの見直しで値下げになりますが家計への影響は1割~2割程度の値引きになると思っています。現行プランでは端末代金を安くして通信料金に上乗せするような料金体系になっています。新プランで通信料金を安くして端末代金を上乗せするような流れを行いそうです。端末代金が安ければお得感がアップしそうです。

 

【KDDIと楽天は提携】

  KDDIは11月1日、2019年10月に携帯電話事業の開始を予定している楽天と、通信網のローミング(相互接続)を行うことで合意したと発表した。接続を認めるエリアは、東京23区、大阪市、名古屋市、混雑エリアを除く日本全国。提供期間は26年3月末までとし、楽天は期間内にネットワーク建設を進め、完成した地域から自社ネットワークに切り替えていく。
 両社は今後、決済・物流事業でも協業する方針で、KDDIは楽天の店舗網・配送網を活用し、非通信サービスの強化を図っていく。

 ドコモやソフトバンクと提携される前にKDDIが手を打った感じです。

新規参入する楽天の通信料金はMVNOの格安SIM並に安価な料金体系で提供できると謳っていました。

 

日本の通信株も持っていないし既に格安SIMにしている私から見れば関係無い話しです。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。