低月収の介護職が投資で資産を築く

手取り15万介護職が投資や福祉について語り学んでいく

資産運用は年金の運用方法を真似しよう

日本の将来は暗く少子高齢化、出生率の低下により現役世代が減少して年金受給者が増加しております。私達20・30代の人達が年金受給年齢になる頃には貰えないという噂もありますね。

 普段サラリーマンの給料から会社が厚生年金の保険料を控除しているのでその後どういう風になっているのか考える機会は少ないと思います。国民から集められた年金はGPIF(年金積立金管理運用行政独立法人)という機関が運用しています。

【GPIFの運用方法】

 GPIFは「長期的な観点から安全かつ効率的な運用」を行うため、各資産を組み合わせた資産構成割合を「基本ポートフォリオ」として定めています。具体的には、「安全かつ効率的な運用」を行う観点から、以下のとおり複数の資産を組み合わせて運用を行うこととしています。

 

f:id:kakusanorikiri:20181023174358j:plain

長期的な運用においては、短期的な市場の動向により資産構成割合を変更するよりも、基本となる資産構成割合を決めて長期間維持していく方が、効率的で良い結果をもたらすことが知られています。

 

年金財政との整合性や長期的な積立金の下方リスクを最小化することに留意にした上で、リスク水準を国内債券による市場運用のリスクと同程度に抑えつつ実質的な運用利回り1.1%(名目運用利回り3.2%)が確保されるよう次表の基本ポートフォリオを策定しました。

 

GPIFの運用方法は長期分散積み立てと投資の王道を突き進んでいます。私達サラリーマンが真似しても全く問題ない運用方法であると言えますね。

 

個人的には国内債券と国内株式の比率を少なくして外国株式と外国債券比率を高くして欲しいと思っていますが、下落率を少なくして実質利回り(2%インフレ調整後)を1.1%の目標ですから仕方ないです。

ちょっとした値下がりでメディアが「何億円の年金が無くなりました」と下らないニュースを流しますし、かなり低リスクで運用しているのが分かります。

 

【現状の運用実績】

ガチガチの安全運用のGPIFですが現在は相場も良く運用実績も上々な様子です。直近の運用実績は年率3.18%の収益率です。累積収益額は+66兆640億円となっています。66兆640億円の内、利子や配当収入は31兆8,639億円となっていて累積収益額の48%が配当金などになります。

 

現在は株式市場が好調ですから含み益も乗っていて非の打ちどころはないですが市場が暴落すれば含み損を抱えるかもしれません。しかし収益の約半分が配当金ですからインカムゲイン中心の投資が見て取れます。

 

長期目線でみれば配当金を貰いながら含み損がなくなるまで保有しておけばいいだけですし、仮に銘柄の一部が倒産しても十分な数に分散投資していますから被害は軽微です。こんなに身近な所で投資のお手本があるのですから真似すれば安定した資産形成が出来ること間違いなしです。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。