低月収の介護職が投資で資産を築く

手取り15万介護職が投資や福祉について語り学んでいく

早期リタイアという概念

皆さんはお金に困らない経済状態になれば何をして過ごしますか?

今まで通り仕事を継続する人、働かずに自由気ままに生きる人と様々だと思います。

私の場合は適度に仕事して自由な時間を多めにする働き方があっている気がします。全く働かないのは生活のメリハリが無くてダラダラして結局何も行動しない人間になりそうです。ボランティアかパートで週2・3日働くのが理想ですね。

 

昔は終身雇用で1つの会社に入社したら定年まで勤めあげるのが普通でした。しかし現在は働き方が多様化して定年前に早期退職する人や出世よりもプライベートを重視した働き方が増えてきたと思います。

 

私の職場でも宝くじで3憶当たったらどうする議論が語られたりしています。大抵の人は仕事を辞めるとかパートになると言っていますね。

 

【セミリタイアとアーリーリタイア】

早期リタイアとは定年になる前に労働を止めることです。早期リタイアでも少しだけ労働を続けるセミリタイアと完全に労働を止めるアーリーリタイアに分かれます。

 

思い出せば新卒で働きだした時が一番仕事が嫌でしたね。仕事内容は電話の受付で全く面白味が無くて、他人のミスでクレームを毎日受けて自分のミスで上司に怒られた挙句、給料は安く時給換算で600円程度でした。

 

素晴らしくやりがいの無い仕事だったと思います。反面そのおかげで精神面は鍛えられたので少々の事では凹むことはなくなったのが良い点と呼べるかもしれませんね。

 

今もフルタイムは嫌ですが新卒時より仕事を辞めたいとは思わなくなりました。それは投資を始めたからが一番の要因かと思っています。投資を始める前は貯金すら意識したことが無くて給料から余ったお金が残っていって結果的に貯金されていただけでした。

 

投資することで将来の資産形成に自信が出て配当金という副収入も入るようになりました。副収入が増えれば給料が少なくても生活可能な計画が立てることができるのでセミリタイアが視野に入ってきます。

 

セミリタイアするのは当分先になりますが仕事を頑張って本業収入を上げるのに必死になる必要がなくなりました。職場の人達を見ればお金の為に頑張って働いて昇給を目指している人も多いですが、私は着実に配当金を増やしていき早期リタイアを目指していきます。

 

労働は自分の人生(時間)を支払った対価としてお金を貰うので人生の切り売りになってしまいます。自分の人生を取り戻す作業は早期リタイアかと思います。

但し働かざる者食うべからずの日本の国民性にはセミリタイアで社会との繋がりを持つ方が良いのかもしれませんね。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。