低月収の介護職が投資で資産を築く

手取り15万介護職が投資や福祉について語り学んでいく

老後の最低生活費でこんなに使うのか

ほとんどの人が未来の日本に明るい想像はしていないと思います。今や20・30代の若い世代でさえ老後の心配を早くからしている人もいるほどです。ではどの程度の資産があれば老後の心配がなくなるのか?

 生命保険文化センターが行った老後の最低日常生活費調査による結果は以下です。

 

f:id:kakusanorikiri:20181014175919g:plain

夫婦2人の生活費となっており平均すると月に22万円が最低生活費になります。私からしてみれば夫婦2人なのに多すぎではないかと感じます。むしろ気になるのは自分の生活費がわからないと答えている割合が20%近くあるところです。

 

普通の人ならば収入がどれぐらいあって今月は何円残ったのか程度は把握していると思っています。毎月の支出がわからなくても口座残高を見ればどの程度使ったかは把握できます。よほどお金に無頓着なのか生活費が気にならないぐらいの金持ちなのでしょう。

 

最低生活費が22万に対してゆとりのある生活費は35万となっています。趣味や知人との付き合いなどで月13万近く使っている計算ですね。

 

【生きていくだけに必要な老後資産はいくらか】

年金の受給額は年収や加入期間で変わってくるので今回は厚生労働省が発表している年金平均受給額で計算してみます。

厚生年金で約15万、国民年金で5万となっているので奥さんが専業主婦と設定した場合は月20万貰えることになります。

 

最低限の生活に22万必要なので年間で24万が不足します。60歳~100歳までの40年生きると仮定して960万が貯蓄として必要になりますね。この計算でいくと約1000万が老後の最低資金と考えれます。

 

医療介護費用や突発な消費は入っておらず単純計算しただけです。将来を見れば年金が夫婦で20万も貰えることは無いと思います。多めに見積もって最低1500万~2000万が一般サラリーマンの老後必要資金かと思います。

 

私の職場で定年近い人達や介護施設利用者のご家族を見させてもらっていますが、失礼な話し2000万もお金をもっている雰囲気の人に巡り合わないです。見た目ではわからないけどお金を貯め込んでいるかもしれませんね。

 

しかし、恐らく大半の人は2000万も持っていないでしょう。貯金0円という人の割合が60歳以上でもそれなりにいますからね。

こういった老後資金はライフスタイルで変動するので実際の必要金額は「個人の生活による」としか言いようがありません。足りないと思えば生活水準を落とすしかないです。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。