低月収の介護職が投資で資産を築く

手取り15万介護職が投資や福祉について語り学んでいく

消費税10%と軽減税率で面倒な事態になりそうな予感

来年2019年の10月に消費税が10%になることが確実となっています。昔は消費税の概念すらなかったのでこの30年で段階的に上がってきていますね。

消費税が導入された年は以下の通りです。

1989年4月:消費税導入3%
1997年4月:消費税5%
2014年4月:消費税8%
2019年10月:消費税10%予定
 
 
消費税が上がると報道される度に「10%になる前に買いだめしておこう」と行動する人は多いと思います。10%に上がれば今まで108万円で買えていた商品が110万円になり2万も余計に払わなければいけなくなります。
 
消費税が8%に上がった時と同じように10%に上がれば買い控えが起こるので来年10月以降は景気が悪くなりそうです。こういう時に景気に左右されにくい職業である介護職は働き口に困らないから良いですね。
人的資本のサラリーマンで安定した給料が約束されているので投資で最大限リスクを取ることができます。安くても生活に困らない給料が貰えるのは魅力的です。
 

【消費税10%になる物と8%のままの物】

 

消費税10%と同じタイミングで「軽減税率」が導入されて全てが10%になるわけではないです。消費税は所得が少ない人が負担増になる税金ですから、フルタイム勤務が困難な方やシングルで子育てをされている人などの優遇を図る目的もあると思います。
 

軽減税率制度(8%のまま)の対象となる商品

軽減税率の対象品目は、次のとおりです。なお、軽減税率対象品目の税率は8%です(標準税率は10%)。
飲食料品(食品表示法に規定する食品(酒税法に規定する酒類を除く)をいい、外食は含まれません)

 

※保税地域から引き取られる飲食料品についても軽減税率の対象となります。
※軽減税率の適用対象となる「飲食料品」にあたるかどうかは、事業者が「飲食料品」を販売する時点において、人の飲用または食用に供されるものとして販売するものであるかどうかにより判断することが原則となります。

f:id:kakusanorikiri:20181017104008j:plain

※政府広報オンラインより引用

 

私達が頻繁に買い物に行くスーパーで購入した商品は8%のままという事ですね。ここが据え置きならば私の生活費に変動は皆無と言っていいレベルです(お酒は飲まないので10%なろうが関係ないし)

 

1番面倒な事態になりそうなのがテイクアウトとイートインの両方提供している店ですね。最近マクドナルドに行くことが多く店内で食べているのですが、外食に該当されて10%になるので増税後は持ち帰りした方がお得になります。

 

マクドナルドは明確にテイクアウトとイートインで提供形態が違うので8%か10%で支払いを区別しやすいですがコンビニは大変です。

最初は持ち帰る気でもやっぱり店内で食べようとなる場合もあるでしょう。どう対応するか気になる所です。

 

ちなみに週に2回以上刊行する新聞も軽減税率対象だそうです。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。