低月収の介護職が投資で資産を築く

手取り15万介護職が投資や福祉について語り学んでいく

全世界で株価が暴落しているが見るべき所は1つ

ここ数日のアメリカの株式市場は暴落していますね。NYダウやS&P500、ナスダックと全指数が大きく下がっていて私の保有銘柄も絶賛下落中であります。

 私は日本株は1銘柄しか持っていないので日経平均株価はほとんど見ていませんが、アメリカが下げたら日本も下がるので同じ状況だろうと思っています。

 

【持ち株の銘柄によって対応を変える予定】

優待目的で保有している日本株はそのまま継続保有する予定です。9月が優待の権利確定日だったのですが売るのを忘れていて一時は含み益があったのに現在は含み損状態です。

売上は伸びているが利益に繋がっていないので業績が少し気になりますが優待が改悪されない限りは持っていても悪くないかなと思っています。

 

 メインのアメリカ個別株の対応についてです。

基本は配当投資で不労所得を増やしていくのが目的にしているので12銘柄保有している内の10銘柄は配当金の最大化を目指していますから継続保有していきます。

 

個別銘柄毎に様々な懸念材料は存在していますが業績がすこぶる悪いわけでもないですし、今後も配当金をきちんと支払ってくれるだけの財務面の余裕もあります。業績面の悪化による株価下落ではないので売る必要はないし、株価下落で配当利回りは上昇するので買い増しのチャンスですね。

 

残りの2銘柄は配当目的でなくキャピタルゲイン狙いのグロース株です。アマゾンとビザを保有していてビザは2年前から持っているので今回の下落でも余裕の含み益を保っています。ビザについては配当金の成長も期待しているので当分は保有して成長度を確かめていこうと思っています。

 

残りのアマゾンですが最近投資したので既に10%超えの含み損状態です。保有予定は来年2019年の中旬から年末辺りで売ろうと思っていますが近々決算があるので業績の伸びが鈍化していれば見切りをつける可能性もあります。

 

以上が今回の暴落による私の対応となります。

今回の世界同時株安はアメリカの金利上昇が嫌気されたり、米中貿易摩擦の懸念が再浮上したからなどと言われていますが結局後付けです。金利上昇で企業返済負担が増えれば業績悪化を招く可能性があってもそれ以上に現在のアメリカ企業は好調です。

 

一番大切なのは自分の保有銘柄の「業績がどうなっていて今後も伸びていく可能性があるのか?」

株価は数字であって実際の経済は株価が下落しようが正常にサービスや商品は売れています。資本主義が終わらない限り株式投資は続きます。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。