低月収の介護職が投資で資産を築く

手取り15万介護職が投資や福祉について語り学んでいく

アメリカ人はどんどん豊かになり日本人は貧乏になる

先日の記事で日本人の金融資産は貯金が多く株式などのリスク資産は10%だったのに対してアメリカ人は貯金が20%でリスク資産は50%と全く逆の割合となっていると記載しました。

【貯金していてもお金は減ります】

f:id:kakusanorikiri:20181004091526g:plain

 

現状の日本は貯金の利息がゼロに等しいです。政府主導のインフレ(物価上昇)で100円の商品が105円になれば貯金していた100円では買えなくなります。数字上は貯金の100円は減っていませんが実際は商品が買えないのでお金が減った事になります。

 

物の値段が上がってから銀行が貯金の利息を追従していく流れなので貯金の利息が物価の上昇を超える事は絶対にありえません。最終的に貯金貧乏になっていきます。

 

【貯金貧乏になった日本】

 金融庁のデータから引用しています。下記データは金融資産の推移を表しており増え方が良く分かるグラフとなっています。

f:id:kakusanorikiri:20181004094635p:plain

 1995年~2015年までの20年間でどのぐらい金融資産が増えたのかを表しておりますが、日本は1.5倍に対してアメリカは3.3倍と増え方が圧倒的に違うと思います。

 

日本の増え方の特徴として農耕民族らしいゆっくりと着実に緩やかな右肩上がりですね。アメリカはリーマンショックなどの金融危機があった年は急激に下がっていてその後は急速に右肩上がりに上昇しています。金融危機の際は資産額が10年前のレベルまで下がっているのも特徴です。

 

この3カ国であればイギリスが日本とアメリカの中間といった感じですね。リスクを取りつつもある程度は貯金で保守的に運用しているので投資をこれから始める人はイギリス流の資産運用を試すのも良いかと思います。

 

保守的に運用するなら安全度の高い日本やアメリカ国債、潰れそうにない企業の社債、金(ゴールド)辺りであればデフォルトや倒産リスクも少ないと思います。日本の国債は金利がほぼ付かないのでオススメはしません。

 

【投資はオススメですがリスクはほどほどに】

日本とアメリカでどちらを目標にするかは人それぞれ価値観があり好みが分かれると思います。アメリカのようにリスクを取りすぎるのも嫌な人は多いと思います。

投資をするのは今後必須となるので資産運用は全ての人に行った方が良いと断言できます。

私はアメリカを超えるレベルのリスクを取っているので万人に薦めるには不可能です。家庭がある方はパートナーと相談しながら堅実な資産運用を目指していきましょう。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。