低月収の介護職が投資で資産を築く

手取り15万介護職が投資や福祉について語り学んでいく

移乗することで介護する側も楽になる

介護現場や在宅介護をされているとベッドから車いすに移乗したり反対に車いすからベッドに移乗する事も多いと思います。一言に移乗といってもやり方次第では怪我の原因となります。

【移乗する目的は?】

移乗する目的は様々あります。例えばベッドに寝たきりなままだと拘縮や筋力低下を招いてしまい自分で動けなくなってきます。寝たきりになれば介護者の負担も増えてしまいご本人と介護者がどちらも苦しい思いをする事になりますね。こういった要因を防ぐためにも移乗してADL(日常生活動作)低下を予防する目的もあります。

結果的に活動場所が増えてご本人さんの生活の質が向上するのに繋がっていきます。

 

【楽に移乗する為のポイント】

一番移乗する場面が多いであろう介護ベッドから車いすへ移るパターンでポイントを説明します。

  1. ベッドの高さを車いすより高くする
  2. 人間の体の動きの流れを使う
  3. 体を密着させる
  4. 必要に応じて福祉用具を使用する

ザックリとこういったポイントがあります。

まず移乗元(ベッド)を移乗先(車いす)よりも高くする事で重力に逆らわなくなりますから持ち上げなくても落ちる力を利用するようになります。

 

次に人間の体の動きの流れを使うが最も重要なポイントかと思います。私達が普段何気なく行っている立つ動作ですが細かく分けると様々な準備があります。最初に足を引いて立ちやすい足幅に開いています(肩幅ぐらい)

その後で頭の重心を前にして勢いをつけて立ち上がります。この立ち上がる準備段階をしっかり行っていないと無駄な力が必要になり疲れます。

 

3つ目のご本人と介護者の体を密着させる事で力がしっかり入ります。ただご本人さんの動作の邪魔にならないように気を付けないといけません。もっと楽に移乗したい場合はスライディングボードといったお尻を滑らせて移乗する福祉用具などもあります。

 

基本的な移乗のポイントはこういった所ですね。福祉用具を使用しなくても上記の3つのポイントを意識して行えば大抵の方は安全に移乗可能です。この方法はある程度のADLがある方ですので完全な寝たきりになった場合は体の下に敷いて滑らせる福祉用具を使用した方が楽ですね。

 

介護は出来るだけ無駄な力を無くせばご本人さんと介護者のどちらも楽になる動作が多いですから意識して行っていきたいですね。

移乗するのが目的ではなくてベッド以外の生活場所を確保できれば生活の質や介護負担軽減に繋がり、みんなが幸せになるというのが移乗の本当の目的だと思っています。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。