低月収の介護職が投資で資産を築く

手取り15万介護職が投資や福祉について語り学んでいく

介護する上で最低限知っておきたい考え方

高齢になってくると身体機能などが低下していき自分では出来ない事も増えていき、老化は誰にでも時間の経過を共に等しく訪れるようになっています。

 人間には尊厳があり個人として尊重されなければなりません。介護を行う時には常に意識しておく必要があります。個人として尊重される事はその人らしい生き方を目指すという事でもありますね。

 

【利用者さんとの関わり方はなるべく自立を促す】

身体機能が低下すると食事・入浴・排泄などのADL(日常生活動作)が1人では行えなくなってきます。出来なくなったから全て介護者が行うのではなくて自分で出来る事はしてもらうのが基本的な考えとなります。

 

昔の考え方はICIDH(国際障害分類)といって障害や生活機能の低下によって悪い所がどこで何が出来ないのかが注目されていた考え方でしたが、現在はその考え方が変わっておりICF(国際生活機能分類)となっています。

 

ICFは障害などのマイナス面ばかり注目するのではなく自分で出来ている事や介助や訓練で出来るようになる行動に注目する考えです(細かく説明すると長くなるので簡潔にしています)

 

【何をもって自立支援になるのか】

自立支援と言われると自分で出来る事はして下さいと考えればいいと思われがちです。極端な例ですが服は自分で着脱が行えるから何時間かかっても自分でやって下さいといった事も自立支援となりえるのか?

 

私の考えは上記は自立支援ではないと思っています。

単純にADL(日常生活動作)を向上させるのが目的であれば上記の対応でもよいでしょう(何時間かかってもはダメですが)

自分で出来るから行ってもらう事も大切ですがそれ以上に重要なのはQOL(生活の質)を向上させる事ですね。

 

子供の頃を思い出してください。

給食で嫌いな食べ物が出たとして食べ終わらないと楽しい休み時間に遊びにいけません。でも自分では休み時間中に食べられないという事はありませんでしたか?(私はありました)

 

高齢者の方も同じです。服は自分で着れるけど時間がかかるから参加したいイベントに行けないのであれば着るのを手伝ってあげてイベントに参加してもらえるようにすればよいのです。

結果的にその方のQOL(生活の質)が向上する事になり服を自分で着るというADL向上よりも個人として自立されていると思います。

 

【人間は1人では生きていけない】

社会と繋がりと持ち自分も参加している事が生活を充実させて1人の個人として自立している状態だと思っています(他者と関わりたくない方もいらっしゃいます)

その方の意思や考え方を尊重して向き合っていくのが介護に携わる上で重要となりますね。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。