低月収の介護職が投資で資産を築く

手取り15万介護職が投資や福祉について語り学んでいく

介護保険サービスを受ける為の流れ

介護保険制度は2000年から始まったので18年しか経っていない比較的新しい保険になります。

 

40歳から保険料が引かれ始める為、サラリーマンであれば普段の給料から社会保険料として控除されていると思います。

 

3年毎に保険が見直しされていますのでこのまま高齢化が続いていけば40歳以下の方でも給料から控除される日が訪れるようになるでしょう。

 

数年前までは保険利用サービスを受けても自己負担金は1割負担が基本でしたが、現在は所得により2割、3割負担になる場合があります。2割負担の対象者は年収が280万以上(控除前)・3割対象者は年収340万以上の方になります。

月収が30万近くないと3割対象となりませんので年金のみが所得の方は対象になりにくいですね。

 

こういった背景があり現役世代より高齢者が多くなるという現状ですので、年金制度と同じように既に破綻している介護保険制度ですがサービスを受ける為には必須の保険となります。

 

どういった方が介護保険サービスを利用可能かというと保険の第一号被保険者(65歳以上)の方で市町村から要支援・要介護の認定を受けた人です。この認定を受ける為には本人又は家族が市町村へ申請します。地域包括センターでも代行して申請可能です。

 

申請してから調査員(どの程度介護が必要か調べる)が訪問してきます。この訪問調査時に普段より頑張ってしまい何でも自分で出来ますと答える高齢者の方が多いようです。

頑張ってしまうと認定を受けれなかったり、もっと重度なのに軽めの認定をされてしまうようになり結果としてご家族の負担が増える事となってしまいます。出来ない演技をする必要はありませんが普段通り出来ない事はハッキリ伝えた方が良いですね。

 

その後一次・二次審査があり介護が必要と認められたら認定されます。要支援1・2、要介護1~5まであり要介護5が一番重度となっています。

 

基本は65歳以上で介護認定された方が保険サービスを利用可能ですが例外として65歳以下~40歳まででも利用可能となる特定疾病があり、パーキンソン病や関節リウマチなどの16疾病と認められた場合は利用可能となります。

 

無事に介護認定を受けたら次に行う事がケアプランの作成となります。ケアプランとはどういった目的でこのサービスを利用するのかというサービス利用計画書です。

サービス利用する本人・ご家族がケアプランを作成する事も可能ですが大変手間が掛かるためケアマネージャーに依頼するのが通常ですね。

 

ケアマネージャーとはご利用者の状態把握を行い必要なサービスを提案する方と思って頂ければいいです。要支援認定は地域包括支援センター、要介護は居宅介護支援事業所のケアマネージャーが担当してくれるようになります。

以上のような流れで介護保険の利用が始まるようになっていますね。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。